ドッグフードアレルギーを未然防止!安心してドッグフードを与える方法などを紹介

ドッグフードは愛犬の食事の用意を簡単にしてくれる便利な商品です。
しかし最近はフードでアレルギーを起こす例も増えているといわれていますので、慎重に選ぶ必要があります。
症状が出た場合はまず動物病院に相談してみましょう。
最近はより安心して与えられるフードも増えてきました。
値段はやや高めのものもありますが、愛犬の健康維のためには良質なフードを与えることが大事です。
選択肢も増えていますので、じっくり比較して選んでいきましょう。

ドッグフードアレルギーを未然防止!安心してドッグフードを与える方法などを紹介

ドッグフードは長期保存ができますし栄養のバランスも良く、すぐに与えられるなど様々なメリットがあります。
店舗では安価なものから高級なものまで幅広く用意されており、選ぶのに悩んだ経験を持つ飼い主さんも多いのではないでしょうか。
最近はドッグフードが原因でアレルギーを発症する犬も増えているといわれています。
安価なフードには粗悪な材料が含まれている可能性もあるので慎重に選びたいものです。
未然防止のためには、アレルギー対策フードを選ぶこともおすすめです。

ドッグフードアレルギーを獣医に調べてもらうことが重要

ペットの体調が優れない、皮膚のトラブルがあると悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ペットの不調原因にも色々な要素が考えられますが、いつも与えているドッグフードが原因であることも珍しくありません。
ドッグフードには様々な食材や成分が含まれていますが、中には愛犬と合わないものが含まれている可能性もあります。
まずは獣医に相談しドッグフードアレルギーであるのか、どんなものでアレルギーを起こしているのかを確認してもらいましょう。
最近はアレルギー対応のドッグフードも増えており、より安心して与えられるようになっています。
アレルギー対策のフードもそれぞれ違う特徴がありますので、じっくり比較して良いものを選んでいきましょう。
そして、いくら体に良くても愛犬が食べてくれないというのも困ります。
健康に配慮しながらも、愛犬が美味しく食べられるものを見つけてあげたいものです。
継続して食べさせるものなので、手軽に入手できるかどうかも調べておくようにします。

ドッグフードアレルギーはいつ発症するかわからない

愛犬にはアレルギーがないと思っていて、健康面に考慮して色々なフードを試しているうちに、ドッグフードアレルギーを発症してしまうケースが増えています。
ドッグフードアレルギーの原因は、フードに含まれている原料の中に穀類と乳製品、鶏卵や添加物などが挙げられ、その中でも最も危険度が高いのが大豆や小麦などの穀類です。
犬は元々肉食動物であり、穀物を消化しにくい体質を持っています。
しかし市販されている多くのフードには量を増やすためにも穀物が多く使用されているのが現状であり、これがきっかけとなりアレルギーが発症してしまう場合が非常に多いです。
そのため愛犬の健康を考えてフードを選ぶならば、グレインフリーと呼ばれる穀物不使用のタイプを選ぶようにすると安全に与えることができます。
症状が出てしまうと皮膚のかゆみやフケ、抜け毛が増えたり下痢や嘔吐、くしゃみや口臭など皮膚や口、鼻や耳に出やすくなるので、新しいフードを与える場合には愛犬の様子をしっかりチェックしましょう。

ドッグフードアレルギーの初期症状はこれ

現在市販されているドッグフードの多くは、安価に入手できる小麦・大豆・トウモロコシなどの穀物が含まれています。
しかし、犬は本来肉食動物であるため、穀物を上手く消化することができません。
そのため、穀物が含まれるドッグフードを与えるとアレルギーのリスクが高まるとされています。
また、穀物以外にも乳製品や鶏卵などでもアレルギーを起こす可能性がありますが、食物アレルギーを起こした場合の症状は皮膚・口・鼻・耳に出やすい傾向があるため注意が必要です。
具体的な初期症状としては、体を痒がる・フケや抜け毛が増える・下痢や嘔吐が続く・涙やけなどが挙げられます。
特に、皮膚にかゆみが出るケースが多いため、頻繁に頭を振ったり何かに体を擦りつけたりする行動が見られた場合はアレルギーを疑いましょう。
アレルギーが疑われる場合は、動物病院で症状に対する処置を行ってもらうとともに、アレルゲンを特定してもらうことをおすすめします。

アレルギーにこだわりをもったドッグフードの紹介

アレルギーにこだわりを持ったドッグフードもあります。
グレインフリーと呼ばれるタイプがそれで、最近になっていろいろなメーカーから発売されるようになってきています。
これは小麦やトウモロコシ、お米といった穀物を含まないドッグフードのことですが、なぜこれがアレルギーにこだわりを持つことになるのでしょうか。
これは犬の食生活が関係しており、雑食のように見えるかもしれませんが動物園のオオカミのことを考えても犬は本来は肉食性であることが理由です。
別に穀類を犬が食べたからと言って間違いなくアレルギーを起こすとか、その他の体調不良を起こすわけではありませんが、本来の食生活とは異なるために消化器官もそれに適応したものになっておらず、消化不良を起こしたりすることが理由でアレルギーを発症しやすくなると言われています。
そのため、グレインフリーのドッグフードのほうがより愛犬の健康に配慮している商品だといえるでしょう。

ドッグフードに使われている最新技術の紹介

犬であろうと猫であろうと、人間と同じ動物であるのは間違いありません。そのためワンちゃんによっては食物アレルギーがあるなどアレルギー体質のある場合も多々あるんです。特に小麦粉に対して脱毛や湿疹などを見せる犬も存在し、グルテンフリーや添加物フリーといった最新技術を駆使したドッグフードがみられるようにもなっているのです。さらにかわいい愛犬のために、天然素材のドッグフードしか食べさせたくないと考える飼い主さんも非常に多くなっているんです。天然の肉や野菜などを最新技術のフリーズドライ加工で作り上げたドッグフードなどは、天然素材にこだわる飼い主さんに好評なものとなっています。愛犬の健康や栄養不足に配慮し、マルチビタミンやルテイン、コラーゲンや葉酸など人間がサプリメントで摂取するような栄養素をあらかじめドッグフードに混ぜて加工したものなども販売されるようになってます。こうしたものを食べさせることで生活習慣病などを回避することにつながります。

海外製のドッグフードも人気になっている

ドッグフードは日本国内のメーカーでもたくさんの種類が販売されていますから、各自で自由に選んで購入することが可能です。種類が豊富に用意されているので、各自のペットの健康状態などに合わせて商品を選んで購入することができます。年齢や体型などに合わせてドッグフードが販売されているようなこともありますから、各自のペットの年齢などの条件に合っている商品を購入することで、安全に食べさせることが可能です。日本だけでなく海外製のドッグフードもたくさん存在するような特徴がありますが、基本的に日本よりも厳格なルールで製造されているような商品も存在するので、そのような商品を選ぶことができれば安心してペットに食べさせることができます。ヨーロッパなどは特に審査などが厳しくなっていますから、犬が健康的な生活ができるように工夫されているドッグフードを手に入れることが可能です。そのため海外製の商品も人気が高くなっているような特徴がありますから、一度検討してみてもいいかもしれません。

アレルギー対応した人気のドッグフードの紹介

犬の健康維持に欠かせないドッグフードですが、フードに使用される原料や添加物によっては様々な皮膚症状や体調不良を引き起こすアレルギーを発症させてしまう危険があるため、アレルギー対応したドッグフードが注目されています。数多くのブランドから販売されているフードの中でも特におすすめなのが、イギリス産の「アランズナチュラルドッグフード」です。アランズナチュラルの特徴は、原材料が9種類と非常にシンプルとなっており、全体の約4割にラム肉を使用しているのでアレルギーの原因隣りやすい鶏肉・牛肉が一切使用されていません。他にも穀物や乳製品、鶏卵も使用せず、香料や着色料といった体に害となる添加物も使用されないので、安全性が高くどんな犬種でも安心して与えることができますし、この商品は獣医師109名のうち84%が配慮されたフードであると回答しているなど、獣医師にも認められている人気の高いドッグフードの一つとして評価されています。

ドッグフードアレルギーを治療する方法

ドッグフードアレルギーになると犬の皮膚などに問題が発生することがありますから、そのような問題が発生した場合は早めに動物病院に連れて行かないといけないです。ドッグフードアレルギーを治療するには、最初に原因となっているドッグフードを食べさせないようにするのが大切になります。どんなに適切な治療をしたとしても原因を取り除くことができなければ、症状が悪化していくような可能性も高いです。動物病院では適切な薬が処方されるようなこともありますから、そのような薬をしっかりと飲ませることで皮膚の問題などをスムーズに改善していくことができます。どのようなアレルギーを抱えているのか検査をしないと分からないので、動物病院では最初にアレルギーの検査をすることになるはずです。アレルギーの成分が分かった場合は、そのような成分が含まれていない商品を購入して食べさせるようにしないといけません。獣医師のアドバイスに従うことができれば、健康な状態に戻すことは難しくないです。

ドッグフードアレルギーに強い病院の紹介

ドッグフードアレルギーとはドッグフードに含まれる原材料が原因で、発生するアレルギー症状のことです。具体的には、下痢や皮膚症状、脱毛や薄毛や毛並みの荒れ、発疹や熱やむくみなどが起こります。ドッグフードアレルギーに強い病院とは、このような症状を根本的に直してくれるクリニックです。アトピーと診断されて、食事をグレインフリーのドッグフードに飼えたのに、症状の改善が見られない場合もあります。それは原因と対処がかみ合っていないからで、犬それぞれの症状に合わせた食事の取り方を中心に細かく治療することが必要です。中にはアトピーに特化したクリニックも存在します。食事の取り方や、推奨するサプリメントの摂取、酸性肌アレルギーに対処する犬の入浴のしかたまで、細かくケアしてくれます。食べる物も、ただグレインフリーが良いのではなく、症状によっては油分を制限する必要があります。専門のクリニックで精密に検査することで、これらの症状の根本原因を突き止めなければ、症状の改善は見込めません。薬や注射などに頼らず、他の病院で紹介された治療法では、症状の改善がみられない場合、このようなクリニックを調べて尋ねてみるのも良いでしょう。

ドッグフードに関する情報サイト
ドッグフードアレルギーを未然防止!

ドッグフードは愛犬の食事の用意を簡単にしてくれる便利な商品です。しかし最近はフードでアレルギーを起こす例も増えているといわれていますので、慎重に選ぶ必要があります。症状が出た場合はまず動物病院に相談してみましょう。最近はより安心して与えられるフードも増えてきました。値段はやや高めのものもありますが、愛犬の健康維のためには良質なフードを与えることが大事です。選択肢も増えていますので、じっくり比較して選んでいきましょう。

Search